消費税率が10%に引き上げられることはすでに決まっています。
ようやく8%の慣れてきたと思ったのに、2017年4月には10%、ついに税率は二ケタに突入します。
これでまた家計や小遣いのやりくりに頭を痛めるのかと思うと、今から暗い気分に陥りそうです。
もう決まったことです。
あきらめましょう。
あきらめてこれを逆手に取りましょう。
これを先取りしてしまいましょう。
コンビニで買い物をする。
レストランで食事をする。
遊びにいくのに駅で電車の切符を買う、カードにチャージする。
お金を払うたびに、あと2%、自主的に納税しましょう。
税率が10%に引き上げられたと思って、2%分を取り分けておき、貯金箱にほうりこんでおきましょう。
貯金じゃあありません。
これは税金だから返ってこない。
あきらめてください。
できればフタのあけられない貯金箱がいいでしょう。
自分で管理するのでなく、家族に渡してしまったほうが、スッキリあきらめもつくでしょう。
2017年にひきあげられる税率を自分ひとりだけ先取りをしてしまうのです。
すると、いざ10%にあがったところで、自分だけは先にその税率に慣れていますから、生活が苦しくなった、家計が圧迫されたとは感じずにすみます。
家族にバレずに借金返済

おまけに、先に納税した2%が思いがけない金額になっていることでしょう。
ちょっとした貯蓄くらいにはたまっているかもしれません。
これを称して消費税率先取り貯蓄法。
かといって、この税率を20%だとか25%に引き上げてはいけません。
すぐに財政は破綻します。
時代をほんの少しだけ先取りすること。
商売でも、貯金でも、これが秘訣です。

なんて思う毎日です。
野菜不足なのは分かっていますが、野菜も日々値上がりしてスーパーに出掛けてもかごに入れられないことが増えました。
また、家族が病気で手術をしたら、退院後の好みが変わってしまって家庭食より、出来合い食や外食をよく食べるようになり、ますます買い物にやる気がわかず…。
そんな私は主婦ですが、片付けも家事もまぁ普通程度の腕前です、多分。
最近、人間食べなくて生きていけたらそれが一番いいよなぁなんて現実逃避しています。
十代の息子はよく食べますが、食べ過ぎの運動不足がたたって肥満気味です。
それを考えても、霞を食べて生きていけたら幸せだなぁとやはり思ってしまうんです。
お金はかからずにすむし、肥満になることもない、最高ですね。
皇潤プレミアムで健康生活!
だけど、霞ってなんだろう…山にしかないのかなとかまたとりとめのないバカな思考になる今日この頃です。
息子の肥満のことで、病院の栄養士に野菜を沢山食べてとか、魚をもっと取り入れてとか言われましたが、栄養を考えるとお金がかかってしまうし、お金を考えると栄養が偏り病気になりやすくなる、なんて悪循環な日々です。

美容オイルをスキンケアに取り入れている方もどんどん増えてきて、日本でも美容オイルの種類も増えてきています。
様々な美容オイルがある中、オーソドックスで初心者三でも使いやすいのがホホバオイルです。
スキンケアからヘアケア、ボディケアと幅広く使うことができるので、1本持っているととても重宝します。
サラっとてしていて肌になじみやすく、浸透力が抜群なので、癖がなく使いやすいというメリットがあります。
ブースター的に化粧水の前に使うことで、後から使う化粧品の浸透力をアップさせてくれます。
また、スキンケアの最後のふたとしても優秀で、高い保湿力で乾燥しらずの潤い肌をキープしてくれます。
ナチュラルメイク程度なら、ホホバオイルでクレンジングも可能で、天然の植物オイルなので乾燥することもありません。
アイメイクを落とすのには適していないので、あらかじめ専用リムーバーで落としておくのが良いでしょう。
ヘアケアにも最適で、ドライヤーをかける前の毛先になじませたり、オイルパックやオイルマッサージをするとつや髪を維持することができます。
自力整体の効果ややり方

私は何かものを買う時には絶対にお金のことを考えます。
ただ欲しいから買うのではなく、本当に欲しいのか、買って後に後悔しないかなど、お金を少しでも無駄にしないために、買い物ひとつでもとことん悩みます。
悩みすぎて時間を無駄にしてしまうことも。
でもそれくらいお金って大事なものだと思っています。
時間よりも大切にしなければいけないものだし、これから先生きていくためには節約も貯金も絶対に必要だと思ってます。
私はお金のためだったらどんなものでも犠牲にできます。
というのは大袈裟かもしれませんが、とにかく毎日お金をどう使っていくかを考えており、1円でも無駄にしたくないと思ってます。
借金を減らす方法
お金に対しての執着心は昔から強いです。
これだけお金に厳しいのだからもっと節約すればいいと自分で思っていますが、趣味に使うためならどれだけ使ってもいいと思ってます。
趣味に関してなら無駄にはなりません。
自分のために欲しいものを買うのです。
日用品とか服とか食品とか、そういう自分にとってどうでもいいものはできるだけ安く済ませて、趣味にお金をつぎ込みたいと思っています。
趣味以外のことにお金を使う時は、時間をかけて悩み、本当に欲しいものなのかを自分自身に問い詰めてます。

美しさは髪から!?

| 日記 |

髪が綺麗な女性は後ろ姿もとても美しく見えると思います、それは男性でも女性でも同じのような気がします、女性でボサボサな髪を見ると綺麗な服を着ていてもメイクをしていても少しがっかりしてしまいます。
(美髪)になるためにはまずは地肌も綺麗にすることがお勧めです、これから生えてくる未来の毛なので将来の髪を強くしてくれます、地肌は自宅でもシャンプーのときにトントンと軽く指を弾ませるだけでも十分効果があると思います、2ヶ月に一度位美容室でヘッドマッサージを受けるのがおすすめです、その時間リラックスすることで髪にも肌にもいい影響があります。
地肌の次は髪ですが毎日のトリートメントでケアをしていてもなかなか手触りがよくないという方は、トリートメントに入っている成分のシリコンが髪につきすぎている場合もあるので、3ヶ月に一度位、美容室でシリコンを除去してもらってトリートメントを受けるといいと思います。
健康で綺麗な髪が男性も女性も美しくします!。
自分で巻き爪を治す

何年も前のことですが、私が妊娠中に夫が転勤することになりました。
引っ越しの荷造りは妊婦の私には無理なので、すべて運送会社にお任せすることにしました。
引っ越しの数日前に何種類もの段ポール類がたくさん届き、引っ越しの前日二人のおじいさんが荷造りに来てくれました。
第一線を退いたけどまだ働ける、力仕事は無理だけど、引っ越しのノウハウは知っている、そんな感じの人たちでした。
食器類はその食器が入っていた箱を出しておいたら、一枚づつ丁寧に箱へ入れてひもをかけてくれました。
本類は書籍用の段ボールへ入れ、衣類は衣類用の段ボールというように、手際よく段ボールを重ねて行きました。
使いかけの醤油のびん、飲みかけの酒のビン、油や酢といったものまで、段ボールにビニールひもを何か所も渡して格子状の入れ物を作り、こぼれないように工夫して荷造りしてくれました。
冷蔵庫の中のものは一番最後に荷造りするそうです。
やはり段ボールに立てた状態で、うまく荷造りをしてくれました。
電気釜でごはんを炊いて、冷蔵庫に入っていた残り少ないおかずで夕食にしましたが、私の大好きな牛乳がありません。
朝は確かに1リットルの牛乳パックが冷蔵庫に入っていたはずなのに。
妊娠中ということもあり、どうしても牛乳が飲みたいという私のために、夫はコンビニで小さいパックの牛乳を買ってきてくれました。
翌日、引っ越しが無事に住み、新しい家で荷ほどきをしていると、ありました。
調味料に交じって飲みかけの牛乳パックが出てきました。
こぼれなくてよかった。
行方不明になっていた、夫のお弁当箱も出てきて一安心しました。
引っ越しのサカイ 口コミ

ずっと前のNHKのドラマで「鉄の骨」というゼネコンにおける談合問題をテーマにした物語を見ました。
絶対に見ようと思っていて、しかし結局録画するだけしてその後はすっかり忘れていたのです。
見た感想は、談合が良いか悪いかなんてそう簡単に判断できないと思いました。
ドラマとしては談合は絶対に悪いこととして視聴者に訴えたかったのだと思います。
私が見た限りでは決してそうではなく、みんなが必要最低限のご飯を食べていくだけの仕事をシェアしていくのが前提であるのなら談合は良いことだと思ったのです。
まあ難しい問題なので実際には何とも言えませんが、とりあえず見たかったドラマを1つ見ることができて良かったです。
他には特上カバチ、砂時計も見ていませんし、比較的新しいドラマだと半沢直樹も見ていません。
今も録画し続けているのでもしかしたら永遠に見終わらないのではないかと思ったりもしますけれども、少しずつでも話題のドラマを見ていくことが出来れば良いなと思っています。
時間があれば幾らでも見たいのですがそんなに多く自由時間はありませんし、面白そうなドラマから見ていけば何とかなるでしょう。
たぶん。

私は、都内に住む独身サラリーマンです。
長引く不況のせいで、昇給はしないし、ボーナスも少ないですし、残業も全くありません。
私は、外食をなるべく控えて、自炊するようにしてお金を節約しています。
近所の大型スーパーに行くと、インスタントラーメンやインスタントカレー、缶詰などの食料品が安く買えるんです。
そして胡麻や海苔、かつを節、醤油などの調味料なども安く買うことが出来ます。
食事は野菜も多めに取るようにしてバランスよく作ってます。
インスタントの味噌ラーメンには、ひき肉と沢山の種類の野菜で作った野菜炒めを乗せて食べます。
とても美味しいです。
インスタントの塩ラーメンには、缶詰のコーンやレチルトパックのチャーシューを入れて食べます。
カレーを食べるときには、お惣菜コーナーで購入したとんかつを乗せて食べたり、卵を入れて食べたりします。
温かいご飯にさんまの缶詰を乗せて食べたりするときもあるのですが、とても美味しいです。
インスタント食品は保存が効くし、値段も安く、ひと工夫するととても美味しく食べることができるので、とても重宝しています。