ずっと前のNHKのドラマで「鉄の骨」というゼネコンにおける談合問題をテーマにした物語を見ました。
絶対に見ようと思っていて、しかし結局録画するだけしてその後はすっかり忘れていたのです。
見た感想は、談合が良いか悪いかなんてそう簡単に判断できないと思いました。
ドラマとしては談合は絶対に悪いこととして視聴者に訴えたかったのだと思います。
私が見た限りでは決してそうではなく、みんなが必要最低限のご飯を食べていくだけの仕事をシェアしていくのが前提であるのなら談合は良いことだと思ったのです。
まあ難しい問題なので実際には何とも言えませんが、とりあえず見たかったドラマを1つ見ることができて良かったです。
他には特上カバチ、砂時計も見ていませんし、比較的新しいドラマだと半沢直樹も見ていません。
今も録画し続けているのでもしかしたら永遠に見終わらないのではないかと思ったりもしますけれども、少しずつでも話題のドラマを見ていくことが出来れば良いなと思っています。
時間があれば幾らでも見たいのですがそんなに多く自由時間はありませんし、面白そうなドラマから見ていけば何とかなるでしょう。
たぶん。

私は、都内に住む独身サラリーマンです。
長引く不況のせいで、昇給はしないし、ボーナスも少ないですし、残業も全くありません。
私は、外食をなるべく控えて、自炊するようにしてお金を節約しています。
近所の大型スーパーに行くと、インスタントラーメンやインスタントカレー、缶詰などの食料品が安く買えるんです。
そして胡麻や海苔、かつを節、醤油などの調味料なども安く買うことが出来ます。
食事は野菜も多めに取るようにしてバランスよく作ってます。
インスタントの味噌ラーメンには、ひき肉と沢山の種類の野菜で作った野菜炒めを乗せて食べます。
とても美味しいです。
インスタントの塩ラーメンには、缶詰のコーンやレチルトパックのチャーシューを入れて食べます。
カレーを食べるときには、お惣菜コーナーで購入したとんかつを乗せて食べたり、卵を入れて食べたりします。
温かいご飯にさんまの缶詰を乗せて食べたりするときもあるのですが、とても美味しいです。
インスタント食品は保存が効くし、値段も安く、ひと工夫するととても美味しく食べることができるので、とても重宝しています。