私は以前に親知らずに不自由が出て、歯医者様に通いました。
その時は右手下の親知らずが斜めに生えてきてあり、なかなかちゃんと出てこないので、ごはんのら右手上の歯で頬の内を噛んでしまい非常に痛かったので、歯医者様に対面に赴き、抜くことにしました。
まずは右手上の正しく生える歯を抜いてみたのですが、そうすることでごはん内の異常は消え去り、快適になりました。
私は『更にこれで医療は終わりにしてもいいのではないか』と思ったのですが、ドクターいわく「歯は上下でワンセットなので、上の歯を抜くと噛み合わさる場所のなくなった下の歯が長く伸びて来たり新たな不自由が生じるので、配下も抜きましょう』と言われました。
これまで『上下ワンセット』とは考えたことが無かったので、幾らかビックリしましたが、元来斜めに生える右手下の歯も抜き、その後虫歯だった左上の親知らずとその下の親知らずも抜き、私の口からは親知らずが無くなりました。
これだけ親知らずで一大力をした私ですが、婦人の口には親知らずががんらい弱いらしく、家族でも全く違うものだと思いました。
とことん「痛くなった親知らず1読み物だけ抜いて、後はパス」などと言っている顧客もいますが、とりあえず『上下ワンセット』が土台なので早めに歯医者様に対面に行った方が良いと思います。
歯を白くする方法